個別指導塾を通して中学受験に備えましょう

個別指導塾を通して中学受験に備えましょう

2016年度の実践女子中学の合格体験記を書いていて思い出しましたが、中学受験を視野に入れる頃になると、まず塾選びを考えることでしょう。集団授業か個別指導か、そのお子さんの学習状況や個性によって、いろいろと悩むかもしれません。我が家では中学受験をした男子二人が個別指導塾でお世話になりましたが、そのシステムやあり方に大変助けられました。

個別指導塾のメリット

まず個別指導ではそのお子さんそれぞれにあわせたプログラムを構築して頂けます。学習状況・理解度に応じて、苦手科目はボトムアップを目指し、得意分野はさらにそれを伸ばすように、ときめ細かいご指導が受けられました。また、体調不良や法事などでどうしても休まざるを得ない場合でも、振替が比較的フレキシブルにできて、とても助かりました。子供も、そういう意味ではあせりも少なく体調回復に努めることができ、良かったと思います。

そして何よりも、中学受験の個別指導塾では『受験生』一人ひとりにきめ細かいご指導がいただけます。中学受験までは決断してから試験までは1~2年といった長丁場ですが、そのときそのときでコンディションがそれぞれ違い、そして良いときもあれば、成績の伸び悩みなど、苦しいときも出てきます。親だけではそのケアが追いつかないことも多々ありますが、その足りない部分を個別指導塾の先生が十分に補ってくださいました。沢山のお子さんをみていらした先生方の気遣いはとてもありがたいものでした。そんな個別指導塾の利点を生かして、中学受験を是非乗り切って頂きたいです。